海外風俗のコツ

ベトナムで女を買う魅力とナムディン置屋について

ベトナムで女を買うためにナムディン置屋へ

ナムディンというのはベトナムにある都市の名前になります。

ハノイから2時間程南下したところにある楽園になります。

タイのような国の風俗が政治状況などもあり、廃れてしまった中で今後一層注目されるのがベトナムの風俗になるでしょう。

何と言ってもベトナムの風俗はドーソン・スアンタン・VOIなどの例を見ればわかるように激安です。

ショートタイムで1,000円、スアンタンに至ってはロングタイムでも2,000円です。

一発やって1,000円、もしくは一晩2,000円で女を抱きまくれる、このコストパフォーマンスの良さは他の追随を許さないものがあります。

また、これに加えてベトナム人女性はアジアで最も女性が美しい国というランキングで日本を抑えて、1位になった国であるとも聞いています。

その看板に偽りはなく、女性の質も他の東南アジアの国を圧倒するものがあります。

実際に、ベトナム人女性は風俗を始めとして、街中でも美形をちょくちょく見かけます。

そんなベトナム人風俗嬢の中で美形を集中させたのではないかと思うのが、河口とドーソンです。

特に河口などではとんでもなくビジュアルのいいベトナム人の女の子が集まっていて、それこそ冗談ではなく、普通にアイドルレベルのビジュアルであればゴロゴロ存在しているという感じです。

ベトナムで女を買う魅力はサービス!

また、ベトナム人女性の魅力は何と言っても東南アジアの国の女性には珍しくサービスという感覚があるということです。

タチレク・ビエンチャンなどの女の子が「穴貸しますんで、さっさと挿れてください」という雰囲気だったのと比較すると、フェラチオ及び全身リップなどのサービスをしてくれるベトナムの女の子は多く、この点でも期待が持てます。

総評すると、女の子のビジュアル・女の子のサービス・コストパフォーマンスという3つの条件を高いレベルで満たしているのがベトナムの風俗になります。

このようにたくさんの魅力があるのが、ベトナム風俗です。

今後しばらくはこのベトナムの風俗を中心に回ってみたいと思います。

ベトナム女を買う旅の第一弾はナムディン置屋

さて、その第一弾としてチョイスしたのがナムディンの置屋になります。

正確に言うと、このナムディンという街から1時間ほど車で走ったところにあるクアットラムビーチ・ティンロンビーチという2つのビーチのことを総称して、ナムディンの置屋と呼んでいます。

このナムディンの置屋を選んだのはまず単純にアクセスが良かったという点が挙げられます。

このナムディンという街へは2時間程度で到着します。

そこから車で1時間ほど走ったところにあるのが、クアットラムビーチ・ティンロンビーチという場所になります。

感覚としてはドーソンと同じくらいの時間で行くことが出来る男の楽園になります。

ドーソンくらいのアクセスの良さであれば、十分連休などを使って訪れることが可能な場所になります。

そのようなアクセスの良さもあり、ベトナム探索の取っ掛かりとしては面白いかなと思い、このナムディン置屋をチョイスしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です