ナムディン旅行記

ハノイからナムディンへ

ナムディンへ行くためザーラムバスステーションへ

さて、もうすっかりなれたノイバイ国際空港に到着しました。

ベトナムのSIMカードを導入した後、ザーラムバスステーションへ。

さて、クアッドラムについてですが、まずはハノイからナムディンという南の街へ行く必要があります。

ザーラムバスステーションからナムディンへ向かうバスが出ています。

まずは、ザーラムバスステーションへ。

ノイバイ空港からタクシーを拾います。

基本的にはノイバイ空港でタクシーに乗ると、マイリンタクシーのような優良タクシーに乗らない限りはボッタクリとの戦いです。

今回はマイリンタクシーではないタクシーに乗ったので、ボッタクリとの戦いになるかなと思いました。

しかし、今回のタクシーの運ちゃんは一味違う感じでした。

乗りこんだ瞬間にいきなり日本語で話しかけられました。

おお!

どうやら、昔研修生ということで大阪に行っていたことがあるようです。

大阪は飯がうまかったというようなことを言ってました。

「結婚は?」というようなことを聞かれて、「してないよ」と答えると、「日本人は結婚遅いからね」とのこと。

ちなみに、ベトナムでは25歳はかなりのおばちゃんとのこと。

確かに、25歳ってベトナム人の女の子は風俗でもいなかったな。

ベトナムでは日本で言うところの30歳が25歳のようです。

ザーラムバスステーション到着!ナムディン行きのバスに乗る

そんな話をしていると、ザーラムバスステーションに到着しました。

お礼を行ってタクシーをおります。

バスステーションに着いて早々トイレに行きたくなりました。

トイレに行くとおばちゃんがいて30,000ドン払ってくれとのこと。

最初はトイレの前におばちゃんがいてお金取られるシステムはカルチャーショックでしたが、もう慣れました。

その後、バスの窓口に行ってナムディンまでのチケットを買おうとしますが、なかなか通じません。

地図でナムディンの場所を指して一生懸命説明します。

普通に日本人がナムディンっつてもベトナム人には「?」なんですかね。

まぁ、繰り返し地図を見せたことで何とか意味が通じました。

ナムディンまでのバスは70,000ドンとのこと。

とりあえず、バス乗り場のところに行って客引きらしいお兄ちゃんにナムディンと連呼していました。

すると、ナムディン行きのバスの前まで連れてきてくれました。

ただ、先ほどのバスの窓口のお姉ちゃんと会話していた感じだとナムディンといった時にしきりと地図上の別の場所を指していました。

もしかすると、ナムディンという場所は2つあるのかもしれません。

とりあえず、地図を見せて指差したところ頷いていたので大丈夫そうです。

安心してバスに乗り込みました。

ナムディン行きのバス、出発は1時間後

なかなか出発しません。

30分しても出発しないので、時間を聞くと1時間後に出るとのこと。

えらく遅いやん!

でも、もう乗り込んでしまったので仕方ありません。

おとなしく待つことにします。

ただ、のどが渇いたのでバスターミナルにて水を購入しました。

バスの車庫のところに売店(というか、地元のおばちゃんが商品を積み上げている、バザーみたいなイメージ)があるので、そこで購入しました。

結局、バスの中で音楽を聞いたりしながら過ごしていると、徐々に乗客も増えてきました。

11時20分にやっとバスが出発しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です